Posts in Category: 車アレコレ

様々なシーンで活躍しているウェイク

ダイハツから販売されているウェイクは、様々なシーンで活躍する自動車として、幅広く認知されているのではないかと考えられています。従来はあまり見受けられていなかったタイプの軽自動車であり、タイトな雪道や山での走行にも適したモデルとして、ファミリー層からの支持を強固なものとしています。多岐にわたるシーンで走行できる可能性を秘めた軽自動車であると考えられていることから、積極的に購入を希望する人も増加しているのではないかと思います。これまでとは大きく異なったコンセプトの自動車としても、大きくクローズアップされています。

ファミリー向けの軽自動車として開発がなされてきているため、車内空間も非常に大きなものとして実感されています。複数の荷物を搬入しても余裕を持つ空間である点が非常に高く評価されており、多くの方面で注目が寄せられる側面のひとつにも挙げられています。様々なシーンで活躍できる軽自動車であり、なおかつ車内空間がゆったりとしていることから、家族向けのモデルとしての評価を高めていると言えるでしょう。今後もウェイクは、複数の場面で容易に走行できる軽自動車であると認識され、一層高い人気を得るようになるのではないかと見込まれています。

早朝ドライブの爽快さ

ドライブが趣味で、よく他県の観光地などに行っています。正直、唯一の趣味と言ってもいいほどなので、前日にはまるで遠足前の小学生のように、ワクワクしています。一睡もできないなんて事もしょっちゅうですが、それでも栄養ドリンクやブラックコーヒーを駆使して楽しんでいます(ドライブ中に眠くなるなんてことは滅多にないのですが一応ね)。

さて、車を運転して普段の生活圏から脱出することは非常に爽快で、いい気分転換になっています。個人的に特に気持ちいいと感じるのが、早朝のドライブです。上述したように、他県までドライブする際には早朝の4時や5時といった時間帯に出発するのは当たり前で、あまりにも待ちきれない時には3時に出発した事もありました(笑)。

朝の4時というのは私が思うに1日のうちで最も車通りが少ない時間帯ではないでしょうか(時々ヤンチャな子たちに遭遇しますが・・)。国道を独り占めにしたような何とも言えない満足感でいっぱいになりますから、一度試してみて下さい。また、寝起きで頭がボーっとしている状態での外の空気は気持ちいいことこの上なし!車通りが少ない分、非常に新鮮な空気を吸い込むことができますし、早朝というのは気分転換に車を運転するには持って来いの時間帯ですよ。

車の運転が緊張から楽しみへ変化

自分が車の運転をしたいと思ったのは子供の頃である。今でもそうだがよく釣りに行っていたので、その時に親が運転する車の助手席に座っていた。

見ているだけでは簡単そうに思えたが、長い距離を走ると結構疲れもあるように思えた。

でもそんな車の運転を自分ができるようになったらどこにでも行けるんじゃないかと思うになった。

実際にその想像は正解であった。もちろんガソリンがあればの話であるが。

自分が免許を取得したのは20歳の時。大学生の時であった。運転の勉強を必死にするということはなくゲームで覚えるという感じであった。

最初は失敗したが、2回目で合格した。

自分で運転することができるようになったのは嬉しいのだが、最初はホントに運転することに緊張した。

普段自転車で走り回っている道でさえ怖いと感じたものだ。

こんなことでは遠くに行くことは愚か、近所すら満足に走れない。

という事で親に同乗してもらってほぼ毎週運転練習をした。近所から田舎道、高速道路も走った。

これが良かったのか次第に運転に対する緊張感が解れて行き、運転を楽しめるようになっていった。

今では自分1人で釣りに行くことの当たり前になった。

自分の中で車を運転することが趣味の1つになっているのかもしれない。

車とアルバイト

学生の頃、外車に乗るなんて夢のまた夢でした。そんな夢を一時でもかなえてくれたのが当時、先輩から紹介してもらったバイトでした。

BMWを中心とした外車が海外から船で埠頭に運ばれてきます。運ばれてきた車は通関用にトレーラーで別の場所に運ばれるのですが、船から降ろされた車をトレーラーに載せやすいように、わずか100mほどの距離を運転して整列させるという日雇いの仕事でした。

もちろん、仕事は不定で、時間もまちまちです。日中もあれば夜もあります。食事つきで実働、3時間から4時間。それで日給は6千円から1万円といったところでした。でも金額以上にうれしかったのは外車を運転できることです。当時は外車を運転する機会はなかったですからね。

日本仕様なので殆どは右ハンドルで、運転も違和感なくできました。ただ、中には左ハンドルがあったり、加えてマニュアル車だったりすると、慣れるまでは運転するのも一苦労です。左ハンドルでよく間違えたのは、ワイパーとウィンカーです。

ウィンカーのつもりでワイパーをなんてことは結構ありました(今でも海外では時々間違えます)。たかが100mの距離の運転ですが、この距離がとてもうれしかったです。中にはSAABがあったり、自分では運転できなかったけれど、ポルシェにも乗ることが出来ました。

私はバイト中は事故を起こしたことはありませんが、友人は見事に止めていたBMWにBMWでお釜をほりに行きました。その瞬間、周りが静かになり、友人が真っ青になっていたことは今でも忘れられない思い出です。

セカンドカーが持てるなら

ダイハツの新型コペンが売れに売れているそうです。

軽自動車にして電動オープンカー、精悍なマスク、バリエーション豊かなカラーリング、豊富なアフターパーツと遊び心をくすぐる条件が整っています。

値段は軽自動車にしては少々お高いのですが、財布に余裕のある中高年層に受けているようです。

メインは普通車でも、こういった車をセカンドカーとして持てればカーライフもより充実したものになるでしょうね。

週末のドライブには持って来いの車だと思います。

低い車窓から臨む景色は、普段とは違う感動を与えるでしょう。

屋根を開ければ、香る季節を感じられるでしょう。

小型車特有の小気味良いハンドリングは、運転の楽しさを再認識させてくれます。

まさに理想的です。

売れない理由がありませんね。

特に中高年の方々にとっては、オープンカーというものは憧れの一つだそうです。

他のオープンカーを探すと、輸入車か本格的なスポーツカーになってしまいます。

どちらも少々ハードルが高いですね。

国産にして維持費の安い軽であるということが付加価値となったいい例だと思います。

ダイハツのマーケティング勝ちですね。

私は残念ながら余裕が無くて買えませんが、宝くじが当たったら是非買いたい一台です。

新型デミオでましたね

先日新型のマツダデミオが発表になりました。

発表の翌日は新聞各社が取り上げるほどの注目の高さでしたね。

今や日本の話題といえば低燃費や電気自動車、ハイブリッドと電気を合わせたPHEVでしたが、

あらたなステージにマスコミが注目しているのが分かりました。

マツダは日本ではディーゼルを流行らせたメーカー。

CX-5から始まったクリーンディーゼルは日本では画期的でしたね。

やっと世界に追いついたイメージでした。

その集大成なんでしょうね、デミオの新型にも搭載。

あのコンパクトボディにディーゼルを積むとはかっこいいです。

ガソリン、ディーゼルともに燃費は良く、あのデザインですからそれは人気になるでしょう。

最近のマツダデザインはどれも似ているなんて話もありますが、それは今やどこのメーカーも同じで、

その中でもデザインの素晴らしさは群を抜いてると思います。

今までのマツダイメージが値引きとかレンタカーとかで低いイメージでしたが、

ここ数年でマツダのブランドイメージは大きく変わったと思います。

私自身もかなり変わって憧れのメーカーになりました。

特に広さや燃費も日本1位をまったく狙ってなく、とにかく品質で売ろうとする姿勢が

かっこ良く見えますね。

デミオ売れて欲しいクルマです。

高速道路でエンジン停止

私の愛車はホンダの黄色のビートでした。

同じ車種、色の車を事故で廃車にしてしまったので、同じ物を中古車やで購入しました。

車の状態としては1台目の方が遥かによかったのですが、生産中止になって長い車なので、なかなか見つからず、やっと見つかった車を購入しました。

それは、長崎でランタンフェスティバルが開催される日でした。

私は福岡に住んでいてて、長崎の友達とランタンフェスティバル参加するため、長崎まで愛車で行くことにしました。

九州道から長崎道に入り、右側に海が見える景色のいい下り坂でした。

なぜか音楽がとてもよく聞こえ、エンジン音が聞こえない気がしました。

車は動いていたし、まさかエンジンが止っているとは思わなかったのですが、アクセルを踏んでもまったく加速しない事から、エンジンが止っている事がわかりました。

高速道路で車を停めるわけにはいかないので、そのままの状態でキーを回してエンジンを再起動させようと試みましたが、エンジンがかかる音が全くしません。

私はあせりました。

何度もエンジンをかけようと挑戦しましたが、何度してもダメでした。

そこは長い下り坂だったので、車は動き続けていましたが、下り坂の終わりが近づいてきていたので、私は決心をしました。

ハザードランプを点け、車を路肩によせて停車しました。

当時はスマホなどない時代だったので、対策をネットで調べるわけにも行かず、また、JAFにもはいっていなかったので、路肩を歩いて非常電話を使いました。

しばらくして、JAFの牽引車が到着、パーキングエリアでスタッフに事情を説明し、車を置かせてもらいました。

その後、購入した中古車屋の社員が車を引き取りにきて、修理してもらいました。

高速道路で車が動かなくなるなんて想像した事なかったので、かなりビックリしましたが、1つ1つを落ち着いて考え行動した事で、事故に繋がる事がなかったのではないかと思います。

まさかの事故

私は比較的運転をする機会が多かったので、
運転はすっかり得意分野だと思っていました。

しかし、妊娠して、おなかが大きくなり前の感覚があんまりよくわからなくて、
駐車場にとめようとしたとき行けるかなと思っていってしまったら・・・
まんまと車にぶつかってしまったのです。

私の車の左前は、ぱっかり形を変えて、ミラーのあたりが壊れてしまいました。

相手のぶつかった車は、タントの軽自動車だったのですが、
なぜか私の車のほうだけ損傷がひどく思いました。

私の車は、日産のティーダなのに、どうしてだろうと考えてしましました。
車両保険に入っていなかったので、実費で直すことにしました。

修理は、保険会社から安く直してくれるよと教えていた修理屋さんで、お願いしました。
やはり、修理すると、自分の愛車も痛いですよね。

すっかりきれいに直してくれましたが、
修理代は5万円くらいかかりました。

一度、事故を起こすと、いろいろと考えさせられますね。

結局費用は、借入れで賄うことにしました。

そのとき参考にしたサイトです↓
即日キャッシングのプロミスガイド(http://imakaritai.net/promise/)

ゴルフヴァリアントが欲しい

30代のサラリーマンです。

現在は国産のコンパクトカーに乗っています。

以前は車が大好きで買っては車にお金をかけていました。

家族も出来て、なかなか車にお金もかけれなくなってコンパクトカーに代えたものの、

どこかでまだいい車に乗りたいという思いは強くあります。

現行ゴルフの人気の中、昨年末ゴルフヴァリアントが発売されました。

見た瞬間、これだ、と思いました。

世界のスタンダードといっても過言ではないゴルフのワゴンモデル。

現行ゴルフのスタイルを引き継いでいるのもいいですね。

家族もいるので大きすぎないこれくらいのサイズは自分だけでなく、

嫁も乗れますし、取り回しがよさそうです。

しかもエンジンのダウンサイジングもゴルフから始まったようなものですが、

ヴァリアントも1.2リッターと1.4リッター。

これも流行りに乗っているようですが、こんな車に乗れるというのもスマートな選択だと思います。

やはり気になったのは燃費の部分ですが、表記上は20km/l程度となっているので12.3kmは走りそうな予感。

これなら今乗っている車と変わらないので安心ですし、家計にも優しいです。

室内スペースもかなり大きいのでキャンプ好きな自分にとっては荷物が載るので一安心。

値段もそれほどしないので買おうと検討中です。

先日珍しい左ハンドルのベンツ車を見かけました

先日車で10分程のスーパーに買い物に行く途中、左ハンドルのベンツ車を見かけました。

およそ四半世紀位前までは「外車は左ハンドル!」云われ、お金持ちの人達のステータスという感じでした。

またごく一部の変なプライドを持った人達が「オレは外車に乗っているのだぞ!」と左腕の日焼けを自慢したりして、
当時はベンツやBMW(当時はベーエムベーと読んでいました、)などの外車は、皆左ハンドルで街中を走っていました。

同じ頃私が海外旅行で香港やタイのバンコクに行った時、日本で云う外車の殆どの車種が右ハンドルで走っていました。
「ベンツは左ハンドル!」と思い込んでいた私は、とてもカルチャーショックを受けました。

しかし車は日本と同じ左側通行なのでこれが本当の姿だと思いました。

特に朝のバンコク市内の大渋滞の中、ほんの少ししか車間が空いていない所にも、
どんどん割り込んで行く様子を見たら、とても左ハンドルでは無理だと納得しました。

その後何年かして日本にもだんだん右ハンドルの外車を見ることが多くなり、
今ではごく一部の特殊な車種以外は殆ど右ハンドルだと思います。

そんな中、先日左ハンドルのベンツを見て・・・
「今時ベンツの左ハンドルなんて・・・なんか時代錯誤で恥ずかしい・・・」という感じがしました。

人は十人十色、それぞれ趣味や好みが違いますが、ちょっと首を傾げたくなる出来事でした。