Posts Tagged:

車の選び方について

車はとても高額な買い物です。自宅を購入することを除くと一番高いかものなのではないでしょうか。新車として車を買う場合は少なくとも100万円はかかってしまいますし、普通車の場合は200万円以上必要になります。ですから買う時は後悔のないように車を選んでいく必要があります。

まず車を買う時には値引きを期待することが大切です。全く車が売れないよりは売れたほうが良いので、営業マンは何とか割引をして車を売ろうとするのです。消費者としては値引きの割合を多くしたいものです。しかし、それでも値引きには限界があります。あまり安くし過ぎると店に利益が無くなってしまうからです。

実際には新車を購入しなければならないというわけではありません。日本車は高性能ですから中古者でも十分な性能を持っています。値段も安く、便利な移動手段となります。

この時に、自分の車を下取りに出す方法もあります。自分が乗っている車の相場はインターネットで調べることが出来ます。

このように知識を総動員してから車を購入することで成功をする可能性は向上していきます。決して安い買い物ではないので、短期間で決めるのではなく時間をかけて選んでいくことがとても大切になります。

車とアルバイト

学生の頃、外車に乗るなんて夢のまた夢でした。そんな夢を一時でもかなえてくれたのが当時、先輩から紹介してもらったバイトでした。

BMWを中心とした外車が海外から船で埠頭に運ばれてきます。運ばれてきた車は通関用にトレーラーで別の場所に運ばれるのですが、船から降ろされた車をトレーラーに載せやすいように、わずか100mほどの距離を運転して整列させるという日雇いの仕事でした。

もちろん、仕事は不定で、時間もまちまちです。日中もあれば夜もあります。食事つきで実働、3時間から4時間。それで日給は6千円から1万円といったところでした。でも金額以上にうれしかったのは外車を運転できることです。当時は外車を運転する機会はなかったですからね。

日本仕様なので殆どは右ハンドルで、運転も違和感なくできました。ただ、中には左ハンドルがあったり、加えてマニュアル車だったりすると、慣れるまでは運転するのも一苦労です。左ハンドルでよく間違えたのは、ワイパーとウィンカーです。

ウィンカーのつもりでワイパーをなんてことは結構ありました(今でも海外では時々間違えます)。たかが100mの距離の運転ですが、この距離がとてもうれしかったです。中にはSAABがあったり、自分では運転できなかったけれど、ポルシェにも乗ることが出来ました。

私はバイト中は事故を起こしたことはありませんが、友人は見事に止めていたBMWにBMWでお釜をほりに行きました。その瞬間、周りが静かになり、友人が真っ青になっていたことは今でも忘れられない思い出です。